4WDな中古車.com

オフロード4WDは、通常の2WDの乗用車に対し、特に駆動系に独特の構造が見られます。カタログを見るにしても、専門用語が分からないと、何が書いてあるのかちんぷんかんぷん。ここでは、4WDならではの部品名称を挙げて、簡単に解説していきましょう。

4WDな中古車.com

オフロード4WDの専門用語

トランスファー…エンジンからの駆動力を前後に振り分ける装置。通常、トランスミッション後部から、ギアまたはチェーンを介して駆動力が取り出されます。
パートタイム式の場合はここに2WD/4WDの切り替え装置が組み込まれ、オフロード性能を重視したモデルでは、副変速機を設けることもあります。操作側は、レバーやボタン、最近ではダイヤルで切り替えるものもあります。

ローレンジ…トランスファーに設置される副変速機は、通常のトランスミッションでの変速段数を2倍にします。一般的には通常の変速比をハイレンジとして1:1の直結とし、より低い減速比(1:2~3)のローレンジが設定されます。
トータルの変速比は、ミッションと副変速機の組み合わせにより、ロー1速の次がロー2速、その次がハイ1速…というように、複雑な順番になります。

センターデフ…旋回時などに左右輪の回転差を解消する装置をディファレンシャル(デフ)と言います。フルタイム4WDで、前後車軸の回転差を解消するのがセンターデフです。
このセンターデフのおかげで4WDのまま舗装路をスムーズに走行できるようになりますが、反面、オフロードではたった1輪が空転しただけで残り3輪の駆動力が奪われるようになってしまいます。
そのため、オフロードタイプのフルタイム4WDでは、センターデフの機能を制限するLSD(リミテッドスリップデフ)や、任意にオン/オフできるロック機構を備えるなどの工夫がなされています。

デフロック…センターデフを任意にオン/オフできるのがセンターデフロック。路面や車両の状況にかかわらず、前後のプロペラシャフトを直結して均等に駆動力を配分するものです。
それと同じ機能を前後アクスルデフに装着するモデルもあります。前後ともにデフロックすれば、たとえ1輪でも路面に駆動力を伝えられれば、残り3輪が空転しても前進できるようになり、悪路走破性は飛躍的に高まります。
ただし、極端に直進性が強くなったり、グリップの良い路面では駆動系に負担をかけるなどのデメリットもあります。

フリーハブ…パートタイム4WDは、通常走行を2WDで行います。このとき、2WD/4WDの切り替えは、トランスファーで行われていますから、駆動されていない側のドライブシャフトやデフ、プロペラシャフトなどが、路面からの入力によって回転することになり、走行抵抗になってしまいます。
この抵抗を減らすために、ドライブシャフトと車輪をつなぐハブ部にクラッチ機構を備えたフリーハブを装備するモデルがあります。
フリー/ロックの切り替えは、手動のものと自動のもの、さらに手動と自動の両方を備えたものがあります。