4WDな中古車.com

4WDのシステムや中古車を買う時の注意点ほかメンテナンスやカスタマイズなど四駆を購入し楽しむための情報と全国の中古車販売店にある四輪駆動車の在庫情報。

4WDな中古車.com

マークXの四駆

マークXが登場したのは2004年。

長らくマークⅡが販売されていたのですが、マークⅡはオーナー層が高くなっている点や、どうしてもネーミングで損してしまっている部分がありましたので、モデルチェンジを機に「新しさ」を押し出す事になりました。

それが「マークX」という名称となったのです。

プラットフォームは12代目クラウンで刷新されたものを利用している事もありますので、マークⅡの後継車種ではありますが、マークⅡよりもクラウンに近いのかもしれませんね。

正式発表前にテレビコマーシャルを放送するなどマークⅡからのイメージ一新を図ったのです。


2009年にはフルモデルチェンジも行なわれました。

マークXは登場時のグレードが10用意されていたのですが、そのうち3グレードが4WDとなっています。

マークXはクラウンと同じエンジンですので、走行性に関しては文句なしです。にも関わらず、価格の方はクラウンよりも100万円近く安いため、インテリアなどの高級感・上質感はそこそこでいいからFRの素晴らしい走行性をそこそこの価格で楽しみたい。

そのようなニーズに応えてくれているのです。

4WDですと当然安定性もありますし、力強さも出てきますので、マークXの4WDの人気はそれなりに高いものとなっています。

ですがモデルチェンジの際には4WDグレードは10グレード中2グレードとなってしまいました。

これは4WDの需要がそこまで高くはなかったという事なのかもしれません。

これは4WDの需要が低いというよりも、マークXは元々FRです。FFに比べれば走行性が安定している事もありますから、4WDでなければならないものではないのでしょう。

FFと4WDは正直かなり差があります。

ですがFRと4WDは差が無いとは言いませんが、FFほど顕著に感じる部分ではないのも事実です。

むしろマークXはFRだからこそ人気がある部分もあるのでしょう。

そのため、マークXの4WDグレードは寒冷地など、4WDでなければならない地域以外ではFF車の4WDグレードほど需要が高くはないのかもしれません。

ですが特別仕様車には必ず4WDグレードも用意されますので、決して4WDグレードのニーズが無い訳ではないのでしょう。

特に地方の寒冷地なんかですと、マークⅡの人気がとても高かった事に加えて4WDの需要もそれなりにありますので、マークⅡの後継車種であるマークXの4WDの需要が高いのも頷ける話です。

ではマークXの4WDグレードの中古車事情はどうでしょう。

これはグレード展開がそこまで多くは無いですから、中古車でもそこまでの数ではありません。

マークXの中古車の1割から多くて2割もないくらいといった所でしょうか。

マークXは中古車市場でもとても高い人気で知られているのですが、4WDでなければならないのはやはり積雪のある寒冷地でしょうね。

首都圏ですとFRで充分ですから、4WDの需要もそこまで高いものではないのかもしれません。

ですが、元々FRで素晴らしい迫力持っているマークXの4WDは更に素晴らしい走行性になりますので、決して悪いものではありませんが、一方で「マークXと言えばFR」と思っている方が多いのも事実です。

どちらが正しいという話しではなく、最近ではFRの車が珍しくなってきていますので、マークXを欲している人は「FRだから」という点も理由の一つに数えられるのです。

FRか4WDかで悩むのはある意味でとても贅沢な話しと言えるでしょうが、それだけマークXのポテンシャルが高いという事でしょう。

最近では個人タクシーでマークXを用いているケースも増えているようですが、タクシーの方も運転していて楽しいでしょうね。



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.