4WDな中古車.com

4WDのシステムや中古車を買う時の注意点ほかメンテナンスやカスタマイズなど四駆を購入し楽しむための情報と全国の中古車販売店にある四輪駆動車の在庫情報。

4WDな中古車.com

ランドクルーザー80の四駆

オフロード4WDに高級化の道を拓いたランドクルーザー80。バブル経済の真っ只中に開発された贅沢なモデルは、トヨタの、いや、国産4WDモデルのフラッグシップに相応しい性能を備えていました。
高級車でありながら、本格オフロード車でもある。難しいその両立を見事に果たした車でした。


特徴と推移

 ランドクルーザーシリーズに乗用車的な高級感を付加するようになったのはランドクルーザー60の後期あたりから。
その後継として1989年10月に登場したのがランドクルーザー80です。
60系の素っ気ない直線基調のデザインとは異なり、曲面で構成されたボリューム感のあるボディーは、上級グレードではさらにオーバーフェンダーで拡幅され、高級な雰囲気を醸しています。
5人乗りのバンと8人乗りのワゴンをラインナップし、ワゴンが4リッターのガソリン、バンが4.2リッターのディーゼル(ターボとNA)と、ともに直6エンジンを搭載していました。

 ランドクルーザー80のデビュー当時、日本はまさにバブル経済の真っ只中。
ランドクルーザーシリーズのフラッグシップとして開発された80は、十分なコストをかけ、シリーズ本来の高い悪路走破性や堅牢性はそのままに、優れた乗り心地や贅沢な内装品などが加えられました。
伝統の前後リジッドアクスルこそ踏襲していましたが、スプリングは60時代のリーフから前後ともコイルに変更。
一部にパートタイム4WDを残しながらも、主力車種はフルタイム4WDとして操作の簡便化を図りました。

 その他、高音質なカーオーディオを装備したり、エアコンを利用したクーラーボックスを用意したり、エクセーヌと呼ばれる人工スウェード張りの内装を備えたりと、それまでのランドクルーザーシリーズとは別格の高級仕様がラインナップされました。

 1992年8月に、ガソリンエンジンを3F型から1FZ-FE型へと変更するマイナーチェンジが行われ、同時にコイルスプリングやスタビライザーを固めて車高を下げるなど、オンロード走行性能を高めるチューニングが施されました。
1995年に二度目のマイナーチェンジ。
今度はディーゼルターボの1HD-T型が4バルブ化されて1HD-FT型に。
パワーアップとともに排ガスのクリーン化が図られました。
なお、この1995年のマイナーチェンジでは、前回、低く固められたサスペンションの仕様が見直され、若干、オフロード走行寄りのチューニングに戻されています。

 生産終了は1998年末。
最終型でもすでに14年が経つ車ですが、その後継モデルとなったランドクルーザー100が、フロントに独立懸架サスペンションを採用したことから、中古車としてのランドクルーザー80に高い価値がつき、高年式車は特に高値で取引されています。
大都市圏ではディーゼル車の登録ができないため、新車当時にほとんど人気がなかったガソリン車が脚光を浴びることに。
初期の3F型搭載車にまで高値がつくこともありました。現在、価格は落ち着いていますが、それでも年式に対しては高めです。



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.