4WDな中古車.com

4WDのシステムや中古車を買う時の注意点ほかメンテナンスやカスタマイズなど四駆を購入し楽しむための情報と全国の中古車販売店にある四輪駆動車の在庫情報。

4WDな中古車.com

ランドクルーザー100の四駆

バブル絶頂期に大人気を博したランドクルーザー80の後継モデルとして、国産最高峰の走行性能と贅沢な装備を両立させたランドクルーザーのフラッグシップです。
電子制御エアサスやV8エンジン搭載など、後の高級SUVブームの火付け役となったモデルでした。


特徴と推移

 国産オフロード4WDのカテゴリーに、快適さと高級感という付加価値を加えたランドクルーザーのロングワゴンシリーズ。
その中でも絶大なる人気を誇ったランドクルーザー80の後継モデルとして1998年1月に登場したのがランドクルーザー100です。

 国産オフロード4WDとして初めてV8ガソリンエンジンを搭載。
車高調整機能付きの電子制御エアサスペンション採用車を用意するなど、ランドクルーザー80が推し進めた高級路線を受け継ぎ、さらに高級乗用車としての装備を充実させました。

 一方で、ランドクルーザーシリーズが伝統的に採用してきた前後リジッドアクスル式のサスペンションは、フロントをダブルウィッシュボーンとすることで、ついに独立懸架化。
コイル・リジッドのサスペンションは、頑丈なことと、起伏の激しい地形でも高い接地性を誇ること、さらにスプリング交換などで簡単に走破性を高められることなどから、オフロード4WDファンに好まれる形式です。
当初、伝統を重んじる古くからのランドクルーザーファンからは酷評されましたが、結果として乗り心地や操縦性が高まり、さらに多くのファンを獲得することになりました。

 ランドクルーザー100に搭載されたエンジンは、4.7リッターV8ガソリンと4.5リッター直6ディーゼルターボの2種類。
V8はトヨタの最高級乗用車であるセルシオのユニットから派生したものですが、ブロック自体を鋳鉄製とするなど、オフロード4WD向けに専用設計されました。
ランドクルーザー80と同様、バンとワゴンがあり、グレードは下からVX、VXリミテッド、VXリミテッドGセレクションの3つがありました。
また、米国で販売されたレクサスブランドのLX470を、日本でもシグナスの名で販売。
高級路線にますます拍車がかかりました。

 2002年8月のマイナーチェンジでは、ATを5速化し、若干ヘッドライトやグリルまわりを意匠変更。
シグナスには夜間の視界を補助するナイトビジョンが採用されるなど、装備の充実が図られました。
もっとも、この時の最大の話題は、イモビライザーの標準化です。
ランドクルーザー100は、国内はもちろん、海外でも非常に高い人気を誇り、車両価格も高価なことから、特に車両盗難に遭いやすい車でした。
そのため、盗難防止のイモビライザーを採用することが望まれていたのです。
中古車として購入する場合も、イモビライザー付きの後期モデルがお勧めです。
前期モデルなら、アフターマーケットの盗難防止装置を装着している車両を。
もし装備がなければ、購入後に専門ショップで対策することをお勧めします。



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.