4WDな中古車.com

4WDのシステムや中古車を買う時の注意点ほかメンテナンスやカスタマイズなど四駆を購入し楽しむための情報と全国の中古車販売店にある四輪駆動車の在庫情報。

4WDな中古車.com

レガシィB4の四駆

1980年台後半に入るとスバルは少々状況が危ういものになってきました。 アメリカへの輸出依存が高いがため、買収や吸収合併の噂が絶えない状況となっていたのです。 この状況の中で生まれたのがレガシィです。 とにかく大きな期待を背負っていました。

組織改革が行なわれた中での登場という事もありましたが、1989年の登場は大きな衝撃を与えました。 ステーションワゴン、そしてセダンタイプが登場したのですがとにかく高い人気を獲得。スバルそのものの経営状況を立て直す事にまでなったのですからいかにレガシィが高い人気を博していたのかが解るのではないでしょうか。 そんなレガシィの三代目が1998年に登場するのですが、その際に登場したセダンモデルに「B4」というブランド名が与えられたのです。 それまでのレガシィはFFと4WDモデルの併売だったのですが、3代目モデルからは4WDのみとなったのです。


その後レガシィはB4とステーションワゴンタイプの二種で展開されるようになりました。 また、後にアウトバックと呼ばれるSUVモデルも登場するなど、レガシィはスバル車の旗艦車種として大きな存在感を示すようになっているのです。 グレード展開も豊富ですし、更には「アイサイト」と呼ばれるグレードも登場しています。走行性には申し分ないスバルですが、レガシィB4では環境面にもしっかりと配慮するようになっていますので各方面からの評価もとても高い事で知られています。 また、レガシィB4はすべて4WDです。 この点も車マニアからの評価が高い理由と言えるでしょう。

やはり4WDの安定感はFFとは比べ物になりません。 寒冷地などでは4WDでないと役に立たないケースもあるでしょう。 4WD、そして2.5Lと排気量は時代に逆行しているのではないかという声もあるのですが、燃費もカタログ値ではありますが15.2km/lをマークしているグレードもありますので、一概に時代に逆行しているとは言えない部分もあるでしょう。 ではそんなレガシィB4の中古車事情の方をみてみるとしましょう。 レガシィはスバルの旗艦車種です。 人気も高いですからそれなりの数が出回っています。

そのため中古車のバリエーションも豊富です。当然走行距離が短ければそれだけ高い事になるのですが、レガシィB4の中古車は当然全て4WDになりますので、4WDが大前提になります。 他の車種の場合ですとFFか4WDかという選択肢から入らなければならないでしょうが、レガシィB4は全て4WDになりますので、B4が欲しいという事は同時に4WDが欲しいという事を意味していますよね。 元々走行性には定評があるスバルの車種たちですが、その中でもB4の人気が高いのは排気量の高さと4WDが合わさった走行性の素晴らしさによるのではないでしょうか。 そのため、B4が欲しいという事は、言い換えれば迫力と安定性のある自動車が欲しい人になりますよね。

中にはカスタマイズされているものもありますし、B4となってからも2度のモデルチェンジがなされていますから、選択肢は幅広いものがあるのではないでしょうか。 全国におよそ1000台以上のB4が中古車の在庫としてあると言われていますから、どのB4を選ぶのかもまた、悩みどころでしょう。ですがB4は素晴らしい車種です。 状態が良いものであれば長持ちする事になるでしょうから、その点ではコストパフォーマンスに優れている車種と言えるでしょう。 とは言え、先にもお話ししたように時代に逆行している側面があるのも事実です。 その点をどのように考えるかによってB4の価値は大きく変わってくるでしょう。 つまりは乗り手の車への価値観が現れる車とも言えるかもしれませんね。



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.