4WDな中古車.com

4WDのシステムや中古車を買う時の注意点ほかメンテナンスやカスタマイズなど四駆を購入し楽しむための情報と全国の中古車販売店にある四輪駆動車の在庫情報。

4WDな中古車.com

パジェロイオの四駆

 軽自動車であるパジェロミニに大型バンパーやオーバーフェンダーを装着し、1.1リッターエンジンを積んで小型車化したパジェロジュニアは、ベースモデルとなったパジェロミニが、軽自動車規格の変更に対応したモデルチェンジを行うにあたり、わずか3年という短命のうちに生産終了となった。代わってパジェロの弟分のポジションを譲り受けたのが1998年登場のパジェロイオである。

 キャビンスペースが軽自動車サイズだったパジェロジュニアと違って、ボディは新開発の専用品。全長は3675mmと小柄だが、全幅1680mmの5ナンバーサイズを生かしたゆとりあるキャビンが与えられ、「パジェロほど本格的なものは求めないが、オフロードで頼れる小型ワゴンが欲しい」というニーズに的確に応えた。
デビュー当初は3ドア車のみだったが、すぐに5ドアモデルが追加され、ファミリー層のユーザーをも巻き込んで人気を確立した。


搭載された1.8リッターの直4ガソリンは、当時、三菱が総力をあげて売り出してたGDIエンジン。GDIとは、ガソリン・ダイレクト・インジェクション、つまり混合気ではなく空気の状態でシリンダー内に吸入し、圧縮行程でガソリンを燃焼室に直接噴射する仕組みのエンジンで、省燃費、高出力、低排出ガスの3つの要素をすべて向上させるというふれこみだった。
ギャランなどのFF車に採用されたユニットを、横置きから縦置きに変更して搭載した。最高出力は130PSで、ギャランなどの乗用車用より10PSほど低く抑えられていたが、その分、中低速域のトルクを増したオフロード4WD向けの味付けがなされていた。

 パジェロジュニアの4WDシステムは、オーソドックスなパートタイム4WDだったが、パジェロイオにはより高機能な4WDシステムが与えられた。パジェロに採用された最先端のスーパーセレクト4WDとほぼ同じ機能を有する「スーパーセレクト4WD-i」だ。
後輪駆動の2WD、センターデフにビスカスLSDを備えたフルタイム4WD、センターデフをロックさせる直結4WDの各モードに、ハイ/ローの2速の副変速機を備えた本格的なシステムだった。

パジェロイオのライバルとなる、同じコンパクトクラスのSUVには、トヨタRAV4、ホンダCR-V、スズキエスクードなどが挙げられる。RAV4とCR-Vは横置きエンジンで直結4WDモードなし、パジェロイオとエスクードは縦置きエンジンで直結4WDモードありと、駆動系の設計に大きな違いがある。前者は乗用車から容易に流用可能なため低コストで4WD化できるが、オフロードでの性能は物足りず。
後者は専用設計で高コストだが、オフロードで高い能力を発揮する。ただし、パジェロイオの場合、最低地上高の低さとサスペンションストロークの少なさなど、パジェロなどの上級モデルに劣る部分があり、実際の用途は大半が街乗りとなった。そのせいもあって、デビュー翌年には2WDモデルが追加された。4WDの能力を必要としないユーザー向けに、価格を抑えたモデルを提供しようという狙いだ。
しかし、2002年のマイナーチェンジで、廉価グレードにはスーパーセレクト4WD-iではなくビスカス式のフルタイム4WDが採用されることになり、再び4WD専用モデルとなった。

搭載エンジンは、2000年に2リッターGDIと1.8リッターGDIターボに変更。2リッターGDIは136PS、1.8リッターGDIターボは165PSとなり、動力性能が向上した。
一方、2002年には廉価グレード用として116PSのGDIではないSOHC1.8リッターが加わった。グレードは、年代によって大きく異なり、後年はほぼモノグレードで、カーナビの有無くらいしか選べなくなった。2007年6月に国内生産を終了した。



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.