4WDな中古車.com

4WDのシステムや中古車を買う時の注意点ほかメンテナンスやカスタマイズなど四駆を購入し楽しむための情報と全国の中古車販売店にある四輪駆動車の在庫情報。

4WDな中古車.com

アテンザの四駆

アテンザが登場したのが2002年5月です。 マツダにとっては2000年10月に発表したトリビュート以来の自社開発車ですから、当然かなり力が入れられた模様です。 一応はカペラの後継車種として位置付けられていますが、「ボルト以外は全て一新」とPRされていた事からも解るように、とにかく「新しいマツダ」を意識して作られた一台と言えるでしょう。 セダンタイプ、スポーツタイプ、そしてステーションワゴンの3種類がラインナップされました。 その中で当初から4WDが用意されていたのはスポーツワゴンモデルのみでした。 セダン、スポーツモデルとセウテーションワゴンモデルはプラットフォームが異なる設計だったからという点も挙げられるかもしれません。 また、一時期「マツダスピードアテンザ」というグレードが用意されました。


こちらは4WDのみの展開でしたね。とにかくマツダのイメージを大きく変える事になった一台で、2002年のRJCカーオブザイヤーを受賞。2008年までに世界で132の小を受賞したほど。 更には2006年のドイツ自動車顧客満足度調査ではアテンザが最も高いスコアを獲得したほど。 四年一ヶ月での累計生産台数100万台は当時のマツダ車としては歴代最短だったことからも解るように、大きな評価を得たのです。 そして2008年にはフルモデルチェンジが行なわれる事になります。 初代モデル同様、セダン、スポーツ、ステーションワゴンの3グレードのラインナップです。 初代モデルではステーションワゴンのみに用意されていた4WDモデルが、今度は3グレード全てで用意される事になったのは4WDファンとしては嬉しい部分なのではないでしょうか。 4WDがラインナップされたのも嬉しい部分ですが、とにかく装備が豪華になりました。

日本初となる「リアピークルモニタリングシステム」を搭載。 これは後方からの車両をレーダーで検知するというシステムで、ドライバーが方向指示器を使用する際などにも他の車両の接近を知らせてくれる素晴らしいシステムです。 更にはステアリングにスイッチ類を集めた事で、エアコンやオーディオ操作が運転しながら行えるようになりました。 横滑り防止機能、トラクションコントロールシステムなどとにかく素晴らしい装備の数々は、アテンザはマツダの中でとても大事に思われているという事の象徴とも言えるでしょう。 そんなアテンザの4WDの中古車事情の方はというと、やはりグレード展開がそこまで豊富ではありませんから、中古車市場でもあまり見かけません。 そもそもアテンザ、セダンとスポーツモデルに関しては初代モデルでは4WDがラインナップされてしませんでしたし、2代目モデルでもスポーツは9グレード中2グレード、セダンに関しても4グレード中1グレードのみが4WDですので絶対数そのものがありません。

そのため、4WDが欲しい人はアテンザではなく、他の車種に目が行ってしまうのではないでしょうか。 アテンザはFFではありますが、走行性も素晴らしいものがありますし、装備も充実しています。 だからこそその4WDが欲しいと思う人もいるかもしれませんが、そのような人は少数派だろうというのがマツダの思いなのかもしれません。

そのため、アテンザの4WDは性能そのものよりも、まずは探す事から始めなければならないでしょう。 グレード展開でも少ないのですから、数そのものもかなり少ないものです。 その点では希少性が高い車種とも言えるのですが、アテンザを求めている人と4WDを求めている人は微妙に異なるといった所なのでしょう。 寒冷地や降雪地のために一応4WDも用意してある。 そのようなスタンスなのかもしれませんね。



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.