4WDな中古車.com

4WDのシステムや中古車を買う時の注意点ほかメンテナンスやカスタマイズなど四駆を購入し楽しむための情報と全国の中古車販売店にある四輪駆動車の在庫情報。

4WDな中古車.com

ステップワゴンの四駆

ステップワゴンが登場したのが1996年。前年の東京モーターショーにコンセプトモデルが登場していたのですが、1996年の5月に「クリエイティブ・ムーバー」の第三弾として登場しました。

これまで日本のいわゆるワンボックスタイプの自動車は商用ベースのものが多く、キャブオーバーのものが主流でした。ですがステップワゴンはFFレイアウト、さらには床の低さなどのそれまでにはないスタイルのおかげでとても高い人気を博しました。

更には当時はまだまだ「バン」というとどうしても商用車を連想してしまいがちな時代でしたので、「バン」を用いず、「ステップワゴン」という名称で販売これが大ヒットを記録する事になります。

ホンダの基幹車種といっても過言ではないほどの車種となりました。

先にFFレイアウトと説明しましたが、4WDグレードも展開されていました。

ステップワゴンは登場時、10グレード用意されたのですがおよそ半分にあたる5グレードが4WDでした。


シフトは全て4ATですが、「エンジンのホンダ」と呼ばれていたのですから、走行性に拘る人も多かったのでしょう。

ステップワゴンは言うまでもなくファミリーカーですが、家族の車でもやはり速い車に乗りたい。

そのような思いを抱える人もいるでしょうが、そのような人にとってFFよりも迫力ある4WDの方が魅力的でしょう。

また、寒冷地などではFFよりも4WDの方が信頼性も高いでしょう。

FFでは登りきれない坂も、4WDであれば登れるものです。

そのため、ステップワゴンにも当然ですが4WDモデルが用意されていたのです。ステップワゴンは2001年、2005年、3009年にフルモデルチェンジが行なわれていますので、現行車種は4代目モデルになります。

ですがその全てのモデルで4WDが用意されています。これは先の理由が大きいでしょう。

ステップワゴンはファミリーカーではありますが、ただのファミリーカーではなく、洗練されたエンジン、そして迫力ある走行性。

両方を求めている人にとってステップワゴンは4WDなのです。

特に最近のマイナーチェンジでは半数が4WDグレードになるなど、需要の高さを窺わせるラインナップとなっています。

ではステップワゴンの4WDの中古車事情はどうでしょうか。

ステップワゴンは中古車市場でも人気ですが、4WDモデルは当然ですが「4WDが良い」と思っている人向けです。「なとなくステップワゴンが欲しい」と思っている人は4WDではなく、FFのステップワゴンを選ぶでしょう。これは4WDの方が燃費が悪くなってしまうという点。

更にはFFであっても4WDであっても基本的に室内空間や装備などが変わらないにも関わらず、4WDグレードの方が高めに設定されている点から、こだわりがなければ4WDは選ばれないのですが、ステップワゴンの場合4WDのニーズも高いですから、中古車市場の4割程度が4WDと言われています。

走行性の高いワンボックスのミニバンが欲しい。

そのようなニーズに応えてくれるのがステップワゴンですが、4WDですとより重厚な走行性を発揮してくれますので、ステップワゴンの4WDモデルの人気が高いのも頷ける話しです。

最近では4WDモデルでもCVTとなっていますから運転面でも安心でしょう。

また、4WDはFFに比べて燃費が悪くなってしまうのは仕方ない部分ではありますが、それでも平成27年度燃費基準を達成していますので、エコカー減税も適用されますからその点も嬉しい部分なのではないでしょうか。

となると、ステップワゴンのFFと4WDの選択肢の違いは「重厚感のある走行性」を求めるか否かという部分次第という事になりますね。



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.