4WDな中古車.com

4WDのシステムや中古車を買う時の注意点ほかメンテナンスやカスタマイズなど四駆を購入し楽しむための情報と全国の中古車販売店にある四輪駆動車の在庫情報。

4WDな中古車.com

レジェンドの四駆

レジェンドが登場したのは1985年。ホンダ初となるV6エンジンを搭載。

比較的経済力に余裕のある中高年をターゲットにした一台で、トヨタのクラウン、日産のセドリックなどがライバルでした。

日本だけではなく、世界中で販売されている車種で、当初はクーペモデルもラインナップされていました。

ですがレジェンドは当初FFで展開されていました。

ホンダは元々FFが得意分野でしたからそれも当たり前と言えば当たり前なのかもしれません。

ホンダはそれまでどちらかというと「大衆車」のメーカーとして知られていたのですが、高級車を作るというコンセプトで開発されたのです。

ローバーと共同開発したというのですからホンダがどれだけ本気だったのかが解るのではないでしょうか。

更には開発スタッフを世界の高級ホテルに宿泊させ、「高級感とは何か」を体感させたというのですから本気も本気です。

そんなレジェンド、現行車種は2004年にフルモデルチェンジされた4代目モデルになるのですが、それ以前、三代目モデルまでは全てFFで展開されていました。

全てのグレードがFFで展開されていたのですが、2004年に登場した4代目モデルからじゃ4WDとなります。


これは「SH-AED」という新開発のエンジンが搭載されたからでしょう。

また、4WDのパワフルさも手伝い、国産乗用車初の300psという素晴らしい馬力を誇る一台となっていますが、おかげで4WDの迫力をより一層体感する事が出来るでしょう。

日本では長らく馬力に関しては自主規制が行なわれていました。

280psが限界値とされていたのですが、一方でバブル崩壊後は自動車のニーズが変化してきた事もあり、速い車が求められなくなってきていたのです。

そんな時代に挑戦状を叩きつけるかのような馬力の数字となっていますが、それもまたレジェンドの魅力でしょう。

特に新しい4WDシステムである「SH-AWD」は国内外でも評価が高く、日本カーオブザイヤーだけではなく、モースト・アドバンスド・テクノロジー特別賞、さらにはRJCテクノロジー・オブ・ザ・イヤーを獲得する事になったのです。

サスペンションもダブルウィッシュボーンです。シフトの方は当初は5ATだったのですがマイナーチェンジ後は6ATとなりました。

300psなのですからそれも当然と言えば当然なのかもしれませんね。

とにかくホンダの高級車として大きな存在感を見せているのがレジェンドです。

ではレジェンドの中古車事情はどうでしょう。

他の車種の場合、中古車はあってもその中から4WDグレードを探さなければならないのですが、レジェンドの場合は4WDのみです。

しかも3代目まではFFだった事から、レジェンドの4WDは言うなれば現行車種を指す事になりますので、現行車種のレジェンドを探せば良いだけですから特に希少性が高いわけでもないでしょう。

「現行車種=4WD」なのですから。

ですがさすがに高級車だけあり、状態が良いものは中古車とは思えない価格での提供となっていますのでその点は気を付けなければならない点と言えるでしょうね。

ホンダのフラッグシップです。

中古車を見てみると新古状態のものもあったりしますので、その点では幅広い選択肢と言えるでしょう。

レジェンドは馬力が魅力です。

それは4WDだからなだけではなく、3.7Lという排気量がそうさせている部分もありますし、さらには3ナンバーになりますので、軽自動車とは比べ物にならないような維持費となりますが、とにかく速い車に乗りたいという人にとってはとても魅力的な4WDになりますので、速い車を探している人はレジェンドも候補に入れてみるのも良いのではないでしょうか?



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.