4WDな中古車.com

4WDのシステムや中古車を買う時の注意点ほかメンテナンスやカスタマイズなど四駆を購入し楽しむための情報と全国の中古車販売店にある四輪駆動車の在庫情報。

4WDな中古車.com

フリードの四駆

フリードが登場したのが2008年です。

モビリオ、モビリオスパイクを統合した後継モデルとして登場。運転しやすいサイズで、それでいて居住性も求める。

それがフリードのコンセプトになります。大きいミニバンは居住性に優れている一方、排気量ですとか車体サイズなどのおかげで維持費はもちろん運転技術も必要になってきます。

とはいえ居住性は魅力です。

そこで、居住性もよく、小回りの利くミニバンが欲しい。

そのようなニーズに応えるべく登場したのがフリードです。

二代目フィットのプラットフォームを流用していますが、前輪以降のフロアバンは新規開発となっています。

スライドドアも装備されていますし、更には2列目、3列目の乗降性も良いものがあります。

これはステップワゴンのシートを改良したもので、ホンダのそれまでの財産・技術を余す所なくしっかりと投入されているのがわかるのではないでしょうか。フリードはコンパクトサイズのミニバンとして高い人気を得ました。

2008年下半期ではミニバン販売台数1位を記録。

フルモデルチェンジは行なわれていませんが、ハイブリッドモデルが登場するなど、汎用性の高さも見せ付けているのですが、登場当初から4WDもラインナップされています。

登場時、フリードには18ものグレードが用意されていたのですが4WDは7グレードとなっていました。

それなりに4WDも力を入れて展開されているという事が解るのではないでしょうか。

FFですとCVTになりますが、4WDですと5ATになりますね。


フリードの4WD

人気の高さから特別仕様車も登場していますが、そちらにもしっかりと4WDグレードが用意されています。

マイナーチェンジは2度ほど行なわれていますが、フルモデルチェンジはまだですのでそろそろフルモデルチェンジも…と囁かれ始めています。

マイナーチェンジ後の現在のグレード展開は12グレードとなっていますが、4WDは5種類展開されています。

一番安いものですと「G」で189万円から、一番高いものですと「G エアロ」グレードで233万円から。ミッションの方は登場時同様4WDは5ATとなっています(FFはCVT)。

ディスチャージヘッドライトやパワースライドドアなど、装備の方も充実していますので高い人気を獲得しているのも頷ける話ですね。

ではフリードの4WDグレードの中古車事情はどのようなものとなっているのでしょう。

フリードに関しては4WDよりもFFの方が多いでしょうか。

これはフリードに求められているのが「コンパクトさ」と「居住性」になりますので、走行性はそこまで求められていないという事情もあるでしょう。

例えば同じホンダのミニバンでもオデッセイの場合、走行性が求められています。

オデッセイを求める人は居住性はもちろんですが、「速い車が欲しい」と思っている人も多いのですが、フリードに関しては速い車だとかではなく、あくまでも「コンパクトさ」を求めている傾向が強いのです。

ですので、中古車の在庫を見ても4WDよりFFの方が多いですかね。

また、フリードは燃費が良い事でも知られています。

4WDはFFに比べてどうしても燃費に劣ってしまいますので、その点もフリードを求めている層からすると敬遠してしまう部分となってしまうのかもしれませんね。

ですから、グレード展開としてはおよそ4割が4WDという事になりますが、中古車市場の在庫をみてみると、4WDは3割弱といった所でしょうか。

寒冷地なんかですとこの割合も変わってくるかもしれませんが、全体的にみてみるとこのような数字となっていますね。

フリードに求める軽快性はフリードの車体、そしてFFだからこそのものとも言えますし。



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.