4WDな中古車.com

4WDのシステムや中古車を買う時の注意点ほかメンテナンスやカスタマイズなど四駆を購入し楽しむための情報と全国の中古車販売店にある四輪駆動車の在庫情報。

4WDな中古車.com

エリシオンの四駆

2003年の東京モーターショーに登場すると、翌2004年5月に登場。

ラグレイトの後継車種と言えるでしょう。

クルーザーをモチーフにデザインされたと言われていますが、確かに大迫力な一台ですね。オデッセイに比べると一回りほど大きいのですが、ラグレイトに比べると若干コンパクトになっていますね。

オデッセイとは別に新開発された低床プラットフォームが特徴的で、さらにはエンジンも大排気量です。

2.4L、3.0Lのものまで用意されており、3.0Lに関してはV6エンジンを搭載。走行性はとても素晴らしいものがある一方、装備がかなり充実している事でも知られています。


消音スピーカーやアクティブタイプのエンジンマウントなど細かい工夫のおかげでエンジン音がそこまでうるしあものではないだけではなく、シフトレバーを「P」に合わせる事でドアロックが解錠される仕組みが出来ていたり、更には15km/hで自動的にドアロックが施錠されます。

登場時はグレードが11種類用意されていたのですが、そのうちの5種類が4WDグレードとなっているなど、4WDグレードにも力が入れられている事が解かります。

フルモデルチェンジは行なわれていませんが、マイナーチェンジは頻繁に行なわれていますが、4WDグレードもしっかり健在です。5ドアの5ATという点は全てのグレードで同じです。以前は7人乗りのものもあったのですが、最近では8人乗りのグレードのみの展開となっていますね。

また、排気量に関しては2.4Lと3.0L、3.5Lのものがありました。

特に3.5LのJ35A型は300PSと、走行性を求めている人にとってはとても魅力的な数字を誇る一台となっていますので、とにかく速いワンボックスのミニバンが欲しいという人にとっては、エリシオンは大きな魅力を備えた一台と言えるのではないでしょうか。

ですが先ごろのグレード整理で2.4Lのみの展開となってしまったのは悲しい部分かもしれませんが、それでも4WDグレードは健在で、半分が4WDです。これはやはり速い車が欲しい人にとって4WDは魅力的ですから、燃費だとかではなく、とにかくパワフルな走行を求めている人も多いという事でしょうね。

ではエリシオンの4WD、中古車事情を見てみるとしましょう。

エリシオンの中古車事情をみてみると、4WDが4割程度といったところでしょうか。

これはやはり4WDを求めている人が多いという事に加え、4WDを購入して下取りしてもらったり売却した人が多いのでしょう。

また、現在のグレードでは用意されていないのですが、先にお話ししたJ35Aの4WDグレードの人気がとても高いものになっています。

これは、3.5LV6エンジン、300PSという驚異的な数字を誇る上での4WDです。

並みのミニバンとは走行レベルが異なるでしょうね。そのため、このモデルは中古車市場でもかなり人気の高いグレードとなっているのです。

極論ではありますが、2.4Lのグレードは現在新車でも購入する事が出来ますが、J35Aに関しては中古車でしか入手する事が出来ませんので、人気が高まっているのも当然の話しと言えるのではないでしょうか。

おかげでエリシオンの中古車はJ35Aこそが圧倒的な人気を博しています。

むしろ、J35Aこそがエリシオンならではなグレードとも言えるのです。

というのも、居住性や燃費、シートアレンジなどはエリシオンに匹敵する車種も多数あります。

ですが「エンジンのホンダ」の照合通り、J35Aは他のどのミニバンでも実現出来ない数字となっていますので、中古車市場でJ35Aに高い人気が集まってしまうのも仕方ない部分と言えるでしょう。



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.