4WDな中古車.com

4WDはオフロードを走ってこそ楽しいものですが、その走破性を高めるためのカスタマイズが自由に行えるのも魅力のひとつです。2WDの乗用車と違って、サスペンションや駆動系のパーツが充実していて、性能だけでなく、見た目もカッコ良く変身させることができます。

4WDな中古車.com

4WDのカスタマイズ

 オフロードコースのように、起伏の激しい地形や抵抗の大きい路面を走行するためには、四輪が駆動するというだけでは充分ではありません。
そのため、オフロードタイプの4WDには、こういった障害を越えて悪路を走破できるよう、大径タイヤを履いていたり、ストロークの長いサスペンションを装備していたりします。

 しかし、自動車メーカーは、オフロードだけでなく、オンロードでの性能もしっかりと確保するように設計しています。新車で購入したままのノーマル状態では、オンロードでもオフロードでも、中途半端な性能しか発揮できないのです。
そのため、オフロード走行を楽しむ多くの4WDユーザーは、アフターマーケットのパーツを利用して、よりオフロード性能に特化させるカスタマイズを行っています。

 最も身近なカスタマイズが、タイヤの交換です。オフロード向けのタイヤとしては、万能タイプのオールテレーンや、泥ねい地に効くマッドテレーンなどのタイプが好まれます。静粛性や乗り心地が若干犠牲になる反面、オフロードでのグリップ力が格段にアップします。
パターンだけでなく、トレッド幅を広げることでグリップ力や傾斜地での安定性が増したり、タイヤ外径を大径化することで障害の乗り越え性能が上がったりと、タイヤ交換のメリットは多岐にわたります。

 アルミホイールはファッションアイテムでもありますが、オフロード4WDの場合、強度を重視して鍛造で造られたものや、ワンピース構造のものが好まれます。
岩場や泥などではタイヤの空気圧を下げてグリップを稼ぐことがあるため、リムの強度が高く、ビードが落ちにくいよう工夫されていることも重要です。

 4WDカスタマイズの花形と言えば、なんと言ってもサスペンションチューンです。
スポーツカーの場合は、スプリングを硬くしたり、車高を落としたりすることがありますが、オフロード4WDでは、車高を上げるためにスプリングを交換します。
車高を上げるためにはスプリングを硬くするのが手っ取り早いのですが、硬いスプリングは起伏のある路面に追従しにくいため、適度に柔らかくて設定長の長いスプリングを使用するのが一般的な考え方です。

 車高を上げるのは、言うまでもなく、段差や岩などの障害にボディー下まわりをヒットさせないためです。
もっとも、スプリング交換だけで車高アップできる量は2~3インチ程度が限界で、それ以上の車高アップは装着部品を増やしたり部品加工したりと大がかりになってしまいます。
なお、スプリング交換で車高アップしたら、同時にショックアブソーバーも全長の長いものに交換する必要があります。